なぜ食品加工場を始める事になったか

萬成水耕栽培の食品加工事業、セカンドキッチン

農業をはじめたら

その後、進化が必要となり、農業+αが必要となりました。例えたら直販、惣菜屋、レストラン、食品加工事業など。その中で弊社は福祉作業所を選択しました。

福祉作業所を始めたら

利用者の工賃を、いかに高く払うかを検討すると農業していた事もあり、食品加工事業へと着手しました。

食品加工事業をはじめたら

生産野菜を使った冷凍弁当の作成、利用者が可能な食品加工作業とフードロス事業。そしてオリジナル商品を販売することにより、福祉作業所への仕事の提供と、工賃向上へとつながりました。

つぎの計画

まだ計画ですが、グループホーム・養護老人ホーム・介護食へと展開を考えています。

資料請求・お問い合わせは、お問い合わせフォームから。